2008年9月30日火曜日

今日は朝と晩2回病院へ

1日1回くらいの嘔吐が2~3日続き心配で今日病院で検査
レントゲン写真は特に以上なく、触診でも特に異常なしでした
季節のかわりめで胃の炎症を起こすパピーが多いらしい
結局(超ぶっといの一本と黄色(中)のと小さいの1本 )
大中小の3本注射されました
背中にラクダのこぶができました
実はマコちゃんが
去年闘病中に毎日していた点滴と同じものでした
おかあさんは処置室に居られず外で待機
無事終了して帰宅
◇帰宅後くつろいでいましたが
夕方異変が・・・・
寝ていたマミが目を覚ました時「キャン」「キャン」
激しく痛みを訴える叫び声が!

◇車ぶっ飛ばして病院直行
直ぐに診てもらえました
状況を説明して、触診して
念のためもう1回レントゲン撮ることに
特に問題ないと言う結果でした
結局、安静にして様子を見ることになり帰宅
元気なく ぐったりしています
夜8時くらいから 何時もの優しい寝顔になり
少しほっとしています
病院からも電話があり
「マミちゃん どうですか?」
「ハイ、今のところ痛みも無い様で落ち着いています」
と、返事が出来ました。
電話の一本が凄く心強く感じました
有難うございました。
※マミも今日は大変でしたが、
親戚キャバくんがもっとピンチなんです
今日、入院してGRからの輸血するとのことでした
何時もブログで元気な様子見てたのに
急なことですっごくショック なんで、って感じです
健康に関して気を使っているオーナーさんなのに・・・
今は只、「早く元気になれ」と祈るだけです

0 件のコメント: